くりのみ保育園の保育の取り組み

体育指導

◆各種の運動を通して人間形成を図る
◆楽しく、元気に体を動かし、運動の楽しさを知る

上石神井にある「サワダスポーツクラブ」のインストラクターが3・4・5歳児クラスに毎週水曜日に指導を行います。
クラブ監修のもと1歳児~5歳児まで年齢に応じた目安があります。

●1歳児 曲げる、くぐる、ぶら下がるなどを通して様々な動きを体験する
●2歳児 跳ぶ、バランス歩きをする、投げる受けるなどの様々な運動を経験する
●3歳児 約束を守って遊ぶ。自分の身を守る能力を養う
●4歳児 手本を見て話を聞いて動く。ルールを守って楽しむ
●5歳児 諦めることなく課題にチャレンジし、自ら考えて判断して動き、集団行動を通して、協力することを学ぶ

読み聞かせ(うさちゃんday)

◆楽しみながら「聴くこと」を身につける

絵本や紙芝居に親しむ時間は一日の生活の中で、沢山ありますが、「うさちゃんday(読み聞かせ)」は聞くことに意識したカリキュラムを年齢ごとに取り入れ、1歳児では「絵本始まるよ」と、絵本の親しむことから、始まり、5歳児では「絵のない絵本」や「シリーズもの」長いお話で「続く・・」と何週かに渡って、長いお話を聞いたりします。

「うさちゃんday」の意味について:
聴くことを意識したカリキュラムなので、お耳の長い「ウサギさん」からとったネーミングです。

リトミック

◆リズムに合わせて楽しんで身体表現する

●1歳児
 始まりの音が分かる 曲になじむ
●2歳児
 曲に合わせて四分音符、八分音符、二分音符の変化が分かり動こうとする
●3歳児
 さらに全音符、スキップ、色々なリズムの曲が分かり、曲の変化で動こうとする
●4~5歳児
 色々な曲のリズムを感じながら、保育士の指示が無くて曲を聞いて動ける

環境遊び(体験型遊び)

◆沢山の遊びを通し、五感で体験しながら学ぶ

べたべた・ぬるぬる・べちょべちょ・ざらざら・ちくちく・むにゅむにゅ・ほわほわ・あちちっ・つめたい・かたいなど体験しながら遊びを通して経験していきます。五感を使って多様な感覚遊びを行います。

どろんこ、水遊び、寒天遊び、カタクリ遊び、パン粉粘土、絵の具遊び、泡遊び、季節を感じる制作、各種制作、野菜栽培など沢山の遊びを体験します。

食育

◆触る食・食べる食・体験する食を食育の3本柱として食経験を増やす

栄養士がクラスを回りながら、旬の野菜や名前のいわれなど、多岐にわたる内容をわかりやすく伝えていきます。

給食を保育園のお弁当箱に入れてピクニック気分を味わう「おべんとうday」という食体験は子ども達に大人気です。

子どもたち

室内

屋外

給食

園庭の小さな畑での野菜の収穫。年齢に合わせたクッキング保育。
給食をお弁当箱に詰めて園庭で食べる「お弁当DAY 」「触る食・食べる食・体験する食」が食育の3本柱です。